平成22年度産 冬春ピーマン・キュウリの出発式

2010年11月15日

平成22年度産 冬春ピーマン・キュウリの出発式
JA鹿児島きもつき ピーマン選果場
平成22年11月4日(木)


 東串良町園芸振興会による、2010年度産冬春ピーマン・キュウリの初荷出発式がJA鹿児島きもつき東串良ピーマン選果場で行われました。
 東串良地区は、冬場でも温暖で日照時間が長いなどの好条件を生かして、県内有数の園芸産地としてピーマン・キュウリの栽培が盛んに行なわれており、6月下旬まで全国消費地に向けて出荷しています。
今年度は、台風などの大きな気候の変化・影響もなく、順調に生育しており、収量増が見込まれます。
 ピーマンで栽培面積33.7ha、収量5,000t、キュウリでは15.4ha、2,600tを計画しており、販売高はそれぞれ25億5,000万円、8億3,200万円の合計33億8,200万円を目指しています。


問い合わせ先 経済連 野菜振興課 099-258-5425