「かごしま茶」の一番茶初取引会が開かれました

2011年04月14日

「かごしま茶」の一番茶初取引会が開かれました
かごしま茶流通センター
平成23年4月13日

 

  鹿児島市の県茶市場で全国のトップを切って一番茶の取引がスタートしました。
 初取引会には県内の南九州市や南さつま市、志布志市など6市4町から307点で、前年の2.5倍近い約25トンが集まりました。
 今年産は1月以降の低温で、昨年より1週間から10日程度遅い生育状況で、初取引は、これまでで最も遅くなりましたが、低温でしっかり休眠し、芽ぞろいも良く、色・味・香り三拍子そろった新茶ができています。
取引価格は、高値が1キロ9,998円(前年8,899円)、安値は1,509円(同1,609円)、平均価格は3,737円(同4,092円)となりました。
 今年の栽培面積は、8,700ヘクタール、生産量は2万5,000トンを見込んでいます。


問い合わせ先 かごしま茶流通センター 099-267-6063