お米を育てて、被災地に送ろう!!稲作体験交流会参加者募集

2011年05月23日

このイベントは、農業体験の少ない鹿児島市内の子供たちに、農家とふれあいながら、「食」や「農」について関心をもってもらおうと、経済連が毎年開催している食農教育のイベントです。
今年は、東日本大震災の被災地の支援活動としても位置づけ、田植えをして秋に収穫したお米は被災地の小学校に送ることにしています。東北地方の復興に少しでも役に立ちたいという方をはじめ、親子で農業に触れたい方大歓迎です。ぜひご応募ください。


日程は、6月25日(土)8:30~17:00

場所は、伊佐市大口平出水の「いなほ館 交流田」
    (※鹿児島市内のおいどん市場与次郎館、Aコープ桜ヶ丘店、いしき店から貸切バスで送迎)

開催内容は、地元生産者と一緒に昔ながらの田植えの体験や、親子でおにぎり作り、バケツ稲の育て方教室など(なお、稲刈りは10月29日(土)に予定)

<募集内容>
○対 象 :鹿児島市内に在住の小学生とその家族
○募集定員:90名
○参加費 :小学生300円、大人(中学生以上)500円
      (※昼食・バス代込み、おみやげ付き)
○応募方法:下記の参加申込書に必要事項を記入して各案内所(おいどん市場与次郎館、Aコープ桜ヶ丘店、いしき店)に提出。
○募集期間:6月18日(土)まで

  (定員になり次第締め切ります)
○ お問合せ:JA鹿児島県経済連 企画開発課(099-258-5315)まで