サツマイモの加工食品をシンガポールへ輸出

2012年04月10日

   鹿児島くみあい食品㈱は、3月から県産サツマイモ加工食品の海外輸出をスタートしました。輸出先はシンガポールで、サツマイモを棒状に加工した冷凍食品を初年度は1トン、2~3年内には年間50トン輸出する計画です。1月に実施された同国と鹿児島県の交流25周年記念商談会に出品し、加世田工場で製造したストレート・ウェーブカットなどの商品は、安心・安全で糖度が高いと現地食品メーカーから高い評価をいただきました。同商品は塩をかけたり、あめを絡めたりした大学芋風など、おやつ感覚で楽しめる商品です。
  加世田工場ではサツマイモ加工食品を年間1800トン生産しており、全国の学校給食でも利用されています。今後、さらに香港・韓国への輸出も検討しております。


問い合わせ先 鹿児島くみあい食品㈱ 099-258-5651