「平成25年産 新茶初取引会」開催

2013年04月05日

「平成25年産 新茶初取引会」開催
かごしま茶流通センター
平成25年4月5日

 

   鹿児島市の県茶市場で全国のトップを切って一番茶の取引がスタートしました。
 今年は1、2月の気温が例年よりも低かったため茶の木がしっかり休眠し、3月の気温の上昇によりいっきに茶葉が目覚め、霜害の発生もなく順調に生育しています。
 茶市場には、3月下旬から種子島、屋久島から出荷があり、本日から本土の早場産地のものの出荷が本格的に始まりました。
 6市4町から、本茶で357点(入札単位のこと、番茶を含めると384点)、30トン(本茶、番茶を含めると約32トン)と過去5年で最大の入荷量になり、買受人28社が参加し、取引が行われました。
 その結果は、高値7,351円、平均で3,178円でした。


問い合わせ先 公益社団法人 鹿児島県茶業会議所 099-267-6063