茶美豚を素材とした駅弁を新発売

2013年09月19日

出水市の駅弁会社㈱松栄軒がJA鹿児島県経済連養豚課と共同で開発した鹿児島県産茶美豚を素材とした「鹿児島角煮わっぱ飯」を新発売いたします。
 この商品は、JA鹿児島県経済連養豚課がかごしま黒豚に次ぐ主力プライベートブランドである茶美豚をもっと県内外の方々に味わっていただくにはどうすればいいかを模索する中、県内の特徴ある食材を使用し、鹿児島の農産物を駅弁を通じて全国にアピールしたいという㈱松栄軒松山幸右社長の意向がマッチし、試行錯誤の末、完成・発売に至ったものです。
 茶美豚はJA鹿児島県経済連が平成10年に開発したプライベートブランド豚で、肥育後期に、お茶の成分であるカテキンとさつまいもを添加した専用飼料を給与した豚肉です。
 九州新幹線ご利用の際は是非とも味わっていただきたいと思います。
 また、茶美豚のお肉はお近くの「Aコープ」または「JA・Aコープネットスーパー」、「おいどん市場」でもお求め頂けます。


○日時:平成25年9月21日(土)~


○場所:九州新幹線 鹿児島中央駅・出水駅売店


○価格:1,000円(税込)


問い合わせ先 経済連 養豚課 099-258-5415