日曜日は「母の日参り」

2014年05月09日

今度の5月11日・日曜日は、「母の日」。
JA鹿児島県経済連 果樹花き課では、「母の日」に、お母さんの好きだったお花をもってお墓参りに行く「母の日参り」を呼びかけています。
 鹿児島県は、花き生産が盛んで、「母の日」向けに県内の農協花き部会員が生産したカーネーション・スプレーギク・オリエンタルユリ・ソリダゴ・レザーファンを中心に全国に向けて124千本を出荷しています。
近年は、お墓にお供えするお花にも輸入花や造花が増えるなか、鹿児島県民のご先祖を敬う心をもって県内産のお花でお墓を装うことをお勧めしています。
「母の日」に是非、お母さんへの感謝の気持ちと一緒に鹿児島産のお花をプレゼントしてはいかがでしょう。
「母の日参り」とは、5月第2日曜日の「母の日」に母の日の本来の意味でもある「亡き母への偲ぶ気持ち」を大切にし、春と秋のお彼岸やお盆のお墓参りだけでなく、「母の日」にもお墓参りをしましょうという風習を広げていこうという取り組みで、JA和歌山県農と民間企業が提唱しているものです。