大将季(だいまさき)販売10周年記念出発式

2016年11月28日

大将季(だいまさき)販売10周年記念出発式
鹿児島市中央卸売市場
平成28年11月28日(月)

 

 大将季(だいまさき)販売10周年記念出発式が鹿児島市中央卸売市場にて開催されました。
 10周年の節目となる今年は、生産者代表の長井正一デコポン委員長をはじめ、JAデコポン部会や関係者など約100名が集まりました。
 当日行われた初競りでは、大将季の厳選品である「紅将季」に1ケース3キロ200,000円の競り値がつきました。
 「大将季」は平成18年に品種登録され、鹿児島県でしか栽培されていない品種で、果皮・果肉とも紅色が濃く、糖度が高く濃厚な味わいが特徴です。
 今年は、干ばつや台風等気象災害に見舞われましたが、農家の栽培努力により、糖度は平年並み、減酸は良好で、玉サイズもギフトに最適の3L・4Lで良い仕上がりとなっています。
 平成28年産の大将季販売計画は530tで鹿児島、東京、大阪市場を中心に出荷されます。

 

問い合わせ先 経済連 果樹花き課099-258-5431