第11回全国和牛能力共進会記念 鹿児島黒牛産地宣伝販売会

2018年01月29日

 平成29年9月に開催された「第11回宮城全共」においては、鹿児島県が悲願の団体総合優勝を獲得し、和牛日本一の栄光を手にすることができました。
 今回、第11回宮城全共「肉牛の部」の候補牛68頭について、かねてより鹿児島黒牛の販売にご尽力を賜っている全国の取引先を産地に招き、足腰の強い産地形成と日本一の鹿児島黒牛の更なる銘柄確立と販路拡大を目的として、1月22日、南九州市知覧の㈱JA食肉かごしま南薩工場にて第11回全国和牛能力共進会記念鹿児島黒牛産地宣伝販売会を開催しました。
 グランドチャンピオン賞は、JA鹿児島きもつき管内の新地正清さんが出品した「睦雄」号が獲得し、9,000円/㎏で㈱福永産業(福岡県)に落札しました。
 全体平均は、枝肉重量529.6kg(前回比34.2㎏増)、枝肉単価3,145円/㎏(前回比1,013円高)、売上額は1,687,226円(前回比612,914円高)となりました。

※候補牛とは全共肉牛の部への出品を目的に肥育された肉牛のことです。

問い合わせ先 経済連 肉用牛課 099-258-5411