かごしまマンゴー県知事進呈式

2018年04月05日

 4月4日(水)鹿児島県庁知事室にてかごしまマンゴー県知事進呈式があり、JAそお鹿児島果樹部会の前田部会長、JAそお鹿児島の本倉組合長、経済連の西村園芸事業部長らが出席しました。 
 県内JAで生産される「かごしまマンゴー」は、県域ブランド品目に指定されており、春から夏にかけてのギフト商材として需要が高く人気の果実であり、本年は100tを計画しています。
 三反園知事は、早速、マンゴーを試食し、「やわらかくて甘みがあり、とてもおいしいです」と感想を話していました。
 今年は、冬に気温の低い日が多かったために、例年に比べて成長がやや遅れているものの、色や形は良く糖度も高く、JAそお鹿児島では昨年とほぼ同じ45tの生産を見込んでいます。
JAそお鹿児島果樹部会の前田部会長は、「おいしいマンゴーができたので、消費者の皆さんには、ただただ『おいしい』といって食べていただければ、生産者としてうれしいです。」と話していました。
 かごしまマンゴーは、今回のJAそお鹿児島を皮切りに、JA北さつま、JAさつま日置、JAいぶすき、JA種子屋久、JAあまみまで、8月までの出荷となります。

問い合わせ先 経済連 果樹花き課 099-258-5431