茶美豚

黒豚に続く新ブランド「茶美豚」の特徴

緑茶粉末とお茶に含まれている成分「カテキン」、「さつまいも」が入った飼料を食べて育った豚が「茶美豚」(チャーミートン)です。茶美豚の専用飼料を食べた豚はすくすくと育つため、ジューシーであっさりした臭みを感じないおいしい豚肉になっています。


①「カテキン」効果
  カテキンの効用である抗酸化作用や消臭作用により、肉の鮮度を保ち、かつ、臭みの少ない豚肉になっています。

②「イノシン酸が多い」
  旨み成分であるイノシン酸が多く含まれており、ジューシーでおいしい豚肉です。

③「ビタミンEを強化」
  専用飼料にビタミンEを強化しているため、肉の酸化(腐敗)を防ぐ抗酸化作用により、肉の鮮度を保ち、臭みの少ない豚肉になっています。また、ビタミンEはカテキンの抗酸化能力を高める効果があると言われています。
                                             (※本会一般豚との比較)

茶美豚 マーク

 
このマークが目印です。

「茶美豚」商品リスト

茶美豚ロース肉

茶美豚ロース肉
胸から腰にかけての背側の肉で、きめが細かく、ほどよく脂肪のある高級肉です。癖がなく、風味が豊かなので主にしょうが焼、トンカツ、ポークソテーなどに使われます。

茶美豚肩ロース肉

茶美豚肩ロース肉
ロースに続く肩の肉で、筋肉間に脂肪があり、こくがあります。ブロック、切り身、スライスと使い勝手の良い部位です。しゃぶしゃぶ、焼豚や焼肉、煮物などに適しています。

茶美豚バラ肉

茶美豚バラ肉
ロースを取り除いた胴部の腹側の肉で、赤身と白身が層を成していることから三枚肉とも呼ばれています。しゃぶしゃぶ、肉じゃがに適しています。また、ベーコンの材料にもなります。

茶美豚モモ肉

茶美豚モモ肉
赤みが多い部分で脂肪が少なく柔らかい肉質が特徴です。大きなかたまりでできているので焼豚、酢豚や煮込みなど、かたまり肉を使う料理に向きます。

茶美豚ヒレ肉

茶美豚ヒレ肉
最もきめが細かく脂肪も少ない、淡白な味わいの肉です。豚1頭から取れる量も少ないので最も高価な部位です。柔らかいのでお年寄りにも好まれ、ヒレカツなどに向きます。

茶美豚ロースハム・焼豚セット

茶美豚ロースハム・焼豚セット
茶美豚のロース肉をじっくり熟成し、素材の旨味を活かしたロースハムです。サラダやサンドイッチ、マリネオードブルなどバリエーション豊かに楽しめます。

茶美豚ウィンナー

茶美豚ウィンナー
茶美豚のウデ肉を荒挽きし、羊腸に詰め丹念にスモークしました。パリッとはじける歯触りが自慢の商品です。お弁当やおつまみに手軽に利用できます。
【茶美豚についてのお問い合わせは】
〒890-8515
鹿児島県鹿児島市鴨池新町15番地
JA鹿児島県経済連養豚課
TEL:099-258-5415
FAX:099-257-4197
E-MAIL:kei-0601@ks-ja.or.jp