鹿児島米

鹿児島は、日本一早い種子島産を筆頭に、超早場米産地として 全国の消費者の皆さんへ、いち早く新米を味わっていただいております。 

おいしいご飯のかくし味

おいしいご飯を作るコツ、いくつご存じですか。
ご飯も普通の料理と同じように、火加減、水加減が大事です。
しかも電気炊飯器だからといって任せきりにしない、ちょっとした心くばりがおいしさをグ~ンと引き立てます。

  1. 3分以内でとぐ
    お米を洗うのは、ゴミやヌカをとりはらうのが目的。 たっぷりの水で軽くお米を 洗い、すぐ水を捨てましょう。 水切りをして25~30回とぎ、再び洗い流します。 これを2~3回繰り返して、水が澄んできたらOK。
  2. 30分以上は水に浸そう
    洗ってすぐ炊かないで、夏場は約30分、冬場は1時間ほど 水にひたしておきましょう。 水の量は、お米の約1.2倍が目安です。 かための場合は水を少なめに、柔らかめの場合は多めにします。
  3. 「いただきます」の前の15分
    炊きあがってから、最低15分は蒸らしてください。 また、電気やガス釜で炊く時は、15分蒸らした後に再度 スイッチをいれて炊くと、さらにおいしく炊きあがります。
  4. 炊いた後の気配りも肝心
    炊きあがったご飯は、できるだけおひつに移しましょう。 炊飯器にいれておく場合は、ご飯の上に乾いたふきんを かけてフタをしておくことが大切です。
  5. さらにこんな工夫も
    時間がなくて早く炊きあげたい時は、水の代わりにお湯を注いで炊きます。 また、古米を使う場合は、昆布やひとつまみの塩を入れて炊くと美しいツヤがでます。

QUIZ1の答えは(3)です。

牛は一頭一頭、違った鼻紋を持っています。
全身真っ黒ですが味はピカイチの鹿児島黒牛のウラ話でした。