『もっちりふくれ菓子』を作ってみよう☆

【材 料】(マフィンカップ6個分)

・A(薄力粉100g こなみずきでん粉20g重曹 2.5g
       黒糖85g)
・B(卵30g はちみつ12g 牛乳60g 酢18g) 
・サラダ油15g 

【作り方】

1. 蒸し器にお湯をたっぷり入れ、火にかける。蓋には、硬く絞った布巾を巻いておく。
2. Aの薄力粉、こなみずき、重曹、黒糖は一緒にふるってボウルに入れておく。
3. 別のボウルに、卵を入れ空気を入れるようによく混ぜる。倍の量になるぐらい泡立てたら、はちみつ→牛乳→酢の順で入れ、その都度よく混ぜておく。
4. ②粉類のボウルに③を一度に入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。粉気が残っている状態で、サラダ油15gを入れ、つやが出るまで切るように混ぜる。
5. マフィンカップに8~9分目まで入れ、すぐに蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。途中蓋はあけないようにすること。蒸しあがったら火を消し、一呼吸おいてから蓋を開ける。(いきなり蓋をあけると、急激に冷えてしぼむのを防ぐため)

【アドバイス】

*使用する黒糖によって、色や食感、味が変わるので好みに応じて選ぶ
*さっくりと混ぜ、強火で加熱することでふっくらと仕上がる。
*粉:水の割合が1:0.75~1:1ぐらいの生地が一番よく膨らむ。
*ベーキングパウダーは洋菓子を膨らませる時、重曹(アルカリ性)は和菓子を膨らませる時に使用することが多い。重曹はアルカリ性なので、水分の一部に酸性の酢を入れることで中和させ、アルカリ性独特の苦みを抑える。
*ベーキングパウダーや重曹は混ぜたら、すぐに加熱するほうがよく膨らむ。また古いものはふくらみが悪くなるので注意する。

『スノーボール』を作ってみよう☆

【材 料(約30個分)】

・粉糖(仕上げ用) 
・無塩バター 65g
・粉糖   25g
・クルミ(無塩)  35g
・A)薄力粉    45g
・A)さつまの粉雪(こなみずきでも可) 30g
・A)ココア(無調整)    10g
・粉糖(仕上げ用) 約30g

【作り方】

*オーブンは180度に予熱しておく。
1. バターは室温にもどしておく。(時間がない時は、100w2分程加熱する。手でバターを少し押せる程度の硬さ)くるみはみじん切りにしておく。薄力粉・でんぷん・ココアは一緒に2回ふるっておく。
2. ボウルにバター入れ、ゴムベラで柔らかくなるまで混ぜる。粉糖を加え、さらによく混ぜる。
3. クルミを入れて混ぜ、さらにふるった粉類一度に加え、さっくりと混ぜる。
4. 1.5㎝ぐらい(約30個)に丸める。(手につくようなら、ラップで棒状にくるみ、冷蔵庫で約1時間冷やしてから成型する)
5. 180度のオーブン上段で約13分焼く。
6. 粗熱が取れたら、粉糖を入れたポリ袋に入れまぶす

『さつまの粉雪』を使ったガレット☆

【材 料(4枚分)】

(生地)

・さつまの粉雪 20g
・そば粉 55g
・卵 25g
・牛乳 160g
・塩 ひとつまみ

(具)

・ウインナー 8本
・ピザ用チーズ 120g
・粉チーズ 適量
・レタス 適量
・ベビーリーフ 適量

【作り方】

1. まず生地を作る。ボウルにさつまの粉雪(さつまいもでん粉)とそば粉、塩を入れ混ぜ合わせる。牛乳を少しずつ加え混ぜる。卵を入れさらによく混ぜ、ラップをかけて1時間以上生地をねかせる。
2. 次に具材を作る。ウインナーは0.5cm幅に切り、炒めて取り出しておく。
3. フライパンにオリーブオイルを熱し、余分な油はキッチンペーパーでふき取る。お玉で生地をフライパンに流しいれ、薄く広げる。表面が少し乾いたら、ピザ用チーズとウインナーをのせ、生地がこんがりと焼きあがったら四隅を折りたたんで四角を作る。皿に移し、レタスやベビーリーフ・粉チーズをトッピングしたら完成♪

※出典元:「たわわのわ」2018年3月4日放送分

『チョコもち』を作ってみよう☆

【材 料】

・牛乳 200ml
・ミルクチョコレート   60g
・さつまの粉雪(さつまいもでん粉) 35g
・砂糖  5g
・ココアパウダー お好みで

【作り方】

1. 鍋に牛乳・さつまの粉雪・ミルクチョコレート・砂糖を入れる。
2. 粉が沈まないようにゴムベラでよくかき混ぜながら火にかけ、とろみがついてきたら弱火にしてかき混ぜ続ける。
3. 全体にとろみがつき滑らかになったら火を止め、容器に流し入れる。
4. 上から耐熱ラップをかけ、表面を平らにする。(ヤケドしないようにご注意ください)
5. 冷めたら取り出して切りわけ、お好みでココアパウダーを振り掛けて完成♪

『落花生豆腐』を作ってみよう☆

【材 料】

・さつまの粉雪(さつまいもでん粉) 40g
・生落花生   50g
・水  350cc
A)・水  大さじ2
A)・砂糖   大さじ2
A)・濃口醤油    30g

【作り方】

1. 殻を剥いて一晩つけておきます。
2. 1の薄皮を剥き、分量の水とミキサーにかけます。
3. ボウルに、ザル、ぬらしたさらし(清潔なふきんでも可)をセットし、2を流しいれ、ゆっくりと絞ってこします。
4. 鍋に、3とさつまの粉雪を入れ、木ベラで混ぜながら、中火で加熱していきます。急に固まり始めますが、慌てず根気強く混ぜます。(5分程度)
5. 火を止めてバットなどに移します。表面を滑らかに整え、あら熱が取れたらラップをして冷蔵庫で冷やします。
6. 調味料Aを小鍋で煮詰めて、切り分けた5にかけてお召し上がりください。お好みで大葉をのせるのもいいですね♪
*One Point* 鍋で混ぜるときは急に硬くなりますが、しばらくそのまま混ぜ続けます。しっかり混ぜていれば焦げ付く事はないのでご安心を!この混ぜる作業をどれだけ行うかで、豆腐のモチモチ感が違います!!根気強く頑張りましょう☆

『こなみずき(さつまいもでん粉)のもちもちピロシキ』

【材 料(8個分)】

(生地)

・こなみずき 50g
・強力粉 250g
・ドライイースト 3g
・砂糖 20g
・塩 3g
・溶き卵 30g
・サラダ油 30g
・牛乳 150g
※サラダ油 適量

(具)

・合いびき肉 100g
・玉ねぎ 1/4個
・さつまいもでん粉春雨 15g
・ケチャップ 大さじ2
・ウスターソース 大さじ1
・砂糖 3g
・濃口醤油 小さじ1/2
・サラダ油 小さじ1

【作り方】

1. まず生地を作る。ボウルにこなみずき(さつまいもでん粉)と強力粉を入れ混ぜ合わせる。ドライイーストと砂糖を隣同士に、その反対側に塩と油を入れ、溶き卵は空いた隙間に入れる。※油と溶き卵はくぼみを作ってそこへ入れる。
2. 1.のボウルのドライイーストめがけて人肌に温めた牛乳を少しずつ入れる。全体にまとまったら、ボウルに打ち付けて生地がまとまり弾力が出るまで3~5分捏ねる。ボウルにサラダ油(適量)を敷き、生地を丸めて乗せる。ラップをし、オーブンの発酵機能40度で1時間、1次発酵をする。※時間がある時は、室温や冷蔵庫で生地が2~2.5倍になるまで数時間かけてゆっくり発酵させても美味しく仕上がる。
3. 発酵をしている間に中の具材を作る。まず、さつまいもでん粉春雨を6分湯がいて、洗い、みじん切りにしておく。フライパンにサラダ油を熱し、合いびき肉とみじん切りにした玉ねぎを炒める。火が通ったら、ケチャップ・ウスターソース・砂糖・濃口醤油・湯がいたさつまいもでん粉春雨を加え、汁気がなくなるまで炒める。
4. 生地の発酵が終わったら、打ち粉をした台に生地を取り出し、潰して空気を抜く。8等分して丸めたら、生地の上に硬く絞った布巾をのせ、10分間休ませる。
5. 生地をのばし、3.の冷ました具材を生地の真ん中にのせたら半分に折り、しっかりと生地を閉じる。具材が生地の端についてしまうとしっかりと閉じれないため気をつける。※揚げる前に再度しっかりと生地のとじ目を押さえる。
6. 低めの温度(約160度)で揚げはじめ、弱火で3~5分きつね色になるまで揚げればもちもちピロシキの完成♪

※出典元:「たわわのわ」2017年12月3日放送分

『こなみずきのガレット』を作ってみよう☆

【材 料(8枚分)】

・こなみずきでんぷん

200g
・合挽き肉 150g
・塩 小さじ1/2杯
・塩・こしょう 少々
・砂糖 大さじ1/2杯
・牛乳  400cc
・卵 4個
・バター大さじ1杯

大さじ1杯

(溶かしておく)


・トマト

2個

・レタス 3枚
・スライスチーズ  4枚
・マヨネーズ 大さじ3杯
・ケチャップ 大さじ3杯

【作り方】

1. こなみずきをふるいにかけます。
2.

こなみずき、塩、砂糖の入ったボールに牛乳、 溶き卵を加えます。

POINT 全体がよく混ざったらレンジで加熱した溶かしバターを入れます。

3.

フライパンに油を敷き、薄焼き卵を作る要領で生地を広げて焼きます。

POINT 焦げ目がついたら裏返し両面をよく焼きます。こなみずきの力で薄焼きにしても破れにくいです。

4. 挽肉を炒め、塩、こしょうで味付けします。
5.

トマトは半月切りに、レタスは 幅広にちぎります。

POINT ケチャップとマヨネーズを混ぜ合わせオーロラソースを作ります。

6.

こなみずきのガレットに具材をのせていき丁寧に具材を巻いたら完成です。

POINT お好みのソースで 召し上がってもいいですよ。