おいどん市場与次郎館ちびっこ食育体験学習「おいどん田んぼ稲刈り」開催

2017年10月25日

   食育体験を目的に設置されたおいどん市場与次郎館敷地内「おいどん田んぼ」で今年で6回目となる稲刈りを10月25日(水)に開催し、やなぎの保育園の園児たち(年長組)16名が参加しました。
 「おいどん田んぼ」約20平方メートルには、やなぎの保育園の園児が6月中旬に植えつけた「あきほなみ」の苗がすくすく育ち、約300株が実りました。
 園児たちは、手に鎌を持って、とても楽しそうに稲刈り・かけ干しを体験し、「楽しかった」「まだまだ稲刈りやりたい!」との声があがっていました。
 野元太志館長は「5月に田植えを終え、今回の稲刈りまで待ち通しかったと思います。この体験を通じて、普段何気なく食べているご飯の基となる 「米」がどのようにできるのか、また生産者の方々がどんな思いで作っているか少しでも感じ取ってもらえればと思います」と話していました。
 刈り取った稲は後日、脱穀・精米をして、やなぎの保育園の昼食にならぶ予定です。

問い合わせ先 おいどん市場与次郎館 099-253-3153

おいどん市場ちびっこ食育体験学習「おいどん田んぼ 田植え」の開催

2017年06月15日

6月15日(木)おいどん市場与次郎館敷地内にある「おいどん田んぼ」で田植えを開催しました。
 保育園児を対象に米作り体験学習をはじめてから今年で6年目となります。
 当日は晴天の中、やなぎの保育園の年長きりん組の園児たち15名が泥んこになりながら田植え体験をしました。
 園児たちは初めての田植え体験に「とても楽しい」「泥が気持ちいい」「もう1回田植えがやりたい」と楽しんでいました。

 

 問い合わせ先 おいどん市場与次郎館 099-253-3153

 

お米を作って食べようスクール(料理教室編)開催

2016年11月21日

 11月19日(土)たわわタウン谷山カルチャースペースにて「お米を作って食べようスクール(料理教室編)」を開催し、小学生とその家族合計14名が参加しました。
 昨年まで田植え・稲刈り体験のみの実施でしたが、今年は新たな取組みとして、田植え・稲刈りに加えて、料理教室を実施し、田んぼから食卓までお米がどうやって自分たちの口に入るのか、体験してもらいました。
料理教室では、自分たちで刈り取ったお米を使って鹿児島パールライス㈱の三ツ星マイスターによるおいしいお米の炊き方教室や本会管理栄養士による郷土料理づくり教室(豚みそ)を行いました。
 参加者からは「豚みそ作りは楽しかった」「ごはんがとってもおいしかった」などの声があがりました。
 今回の「お米を作って食べようスクール」を通じて子供たちには、鹿児島の食についての関心を高めてもらうことができたと思います。

問い合わせ先 経済連 企画開発課 099-258-5315