6月25日(土)「お米を作って食べようスクール・田植え」を開催しました

2016年06月27日

たわわタウン谷山から応募した小学生とその家族合計36名の参加者が伊佐市大口平出水の交流田で、平出水稲作振興会の方々の指導のもと、親子で楽しく「田植え」を体験しました。
 昼食は、地元の女性部の皆さんに作っていただいた具だくさんの豚汁とおにぎりを生産者の方々と一緒にいただきました。「みんなで食べるとおいしい」という声があちこちであがっていました。
今年はかぼちゃの重さを当てるクイズや、田植えのほかに泥んこになりながら田んぼに入り、シジミなどの生き物を探す「田んぼの生き物探し」、お米ができるまでの「紙芝居」があったほか、営農指導員の指導のもとバケツ稲をみんなで作りました。バケツ稲はたわわタウンにあるたわわロード前に設置し、スクールに参加してくれた子供たちと育てていきます。
 参加されたみなさんから、「田んぼでの経験はとても貴重だった」「生産者の苦労がよくわかった」「楽しかった来年もまた田植えをしたい」などたくさんの感想をいただきました。
 次回「稲刈り」は、10月29日(土)の予定です。
     
 問い合わせ先  経済連 企画開発課 099-258-5315

おいどん市場ちびっこ食育体験学習「おいどん田んぼ 田植え」の開催

2016年06月14日

おいどん市場与次郎館敷地内
平成28年6月14日(火)
 
 おいどん市場与次郎館では、敷地内に「ミニ田んぼ」を作り、保育園児を対象に米作り体験学習をはじめ、5年目となります。
当日は、やなぎの保育園の園児たちが泥んこになりながら田植え体験をしました。
園児たちは初めての田植え体験に「泥が気持ちいい」「すごく楽しかった」「また田植えがしたい」と楽しんでいました。

 

問い合わせ先 おいどん市場与次郎館 099-253-3153

 

おいどん市場ちびっこ食育体験学習「おいどん田んぼ脱穀・精米」の開催

2015年11月12日

やなぎの保育園で、年長さん26名による「脱穀・精米」体験が行われました。
掛け干しした稲穂から、モミが取れる脱穀機。モミから殻をとって精米してくれる精米機。初めての作業に子ども達、先生方も興味津々でした。
「モミがついたお米初めて見た」「早く食べたい」と実際にモミを触ったり、白米を手にした子どもたちは大興奮でした。そして、約300株植えた苗から、精米約6㎏が出来ました。
後日、自分たちで作ったお米で「おにぎり」づくりを楽しむそうです。
 今年で4回目を迎えた「おいどん市場 ちびっこ食育体験学習」。体験を通じて、土にふれ、農産物が出来るまでの苦労や収穫の喜び、食への感謝 を感じていただけると嬉しいです。
 
問い合わせ先 おいどん市場与次郎館 099-253-3153