10月26日(土) 「稲作体験交流会・稲刈り」を開催しました。

2013年10月29日

稲作体験交流会・稲刈りをしている園児1稲作体験交流会・稲刈りをしている園児1

10月26日(土)伊佐市大口平出水の交流田にて食農教育の一環として、稲作体験交流会(稲刈り)を開催しました。
今回は、6月29日(土)に「田植え」をしたメンバーら総勢60人が、稲刈りや餅つきを体験しました。(おいどん市場やAコープ桜ヶ丘店・いしき店のご利用家族)
稲刈り教室では、地元伊佐市大口平出水の生産者の方々に教わりながら、昔ながらの手刈りや足ふみ脱穀機による脱穀作業などを体験しました。
午後からは、餅つきにチヤレンジ。重たい杵でかわるがわる餅をついて、皆で丸め、餅を食べる前に、田の神さまに奉納しました。
参加者からは「お米を作る大変さを知った」「とても楽しい時間だった」「おにぎりがおいしかった」など感想をいただきました。
また、「バケツ稲コンテスト」では、最優秀賞に附属小5年 山中基暉君、優秀賞に5名選ばれました。


問い合わせ先  おいどん市場与次郎館 099-253-3153

おいどん市場でちびっこ稲刈り体験

2013年10月29日

おいどん市場でちびっこ稲刈り体験をしている園児おいどん市場でちびっこ稲刈り体験あとの園児達の集合写真

おいどん市場でちびっこ稲刈り体験
 おいどん市場与次郎館敷地内
平成25年10月22日(火)

 「食」や「農」についての関心と地域の食材を大切にする豊かな心を育んでもらおうと、おいどん市場与次郎館敷地内「手作り田んぼ」で「ちびっこ稲刈り体験」を開催しました。
6月の田植え体験に引き続き、やなぎの保育園きりん組の園児たちが稲刈り体験をしました。また、保育園内で育てた「バケツ稲の品評会」も実施しました。
すくすく育った稲を手に鎌を持って稲を刈る園児たちは、最初は怖がっていましたが、だんだん慣れてきて、最後にはとても楽しそうに稲刈り・かけ干しを体験していました。


問い合わせ先 おいどん市場与次郎館 099-253-3153

6月29日(土)「稲作体験交流会・田植え」を開催しました。

2013年07月02日

おいどん君と園児達の写真田植えをしている参加者達

おいどん市場ならびにAコープ桜ケ丘店・いしき店から応募した小学生とその家族70人の参加者が伊佐市大口平出水の交流田で、平泉稲作振興会の方々の指導のもと、親子で楽しく「田植え」を体験しました。
今年はJA鹿児島県経済連北郷栄会長も子どもたちと一緒に田植えに参加しました。
 昼食は、自分達でにぎったおにぎりと、地元の女性部の皆さんに作っていただいた具だくさんの豚汁をいただきました。「おにぎりも豚汁もすごく美味しかった」という声があちこちであがっていました。
 昼食後は、北郷会長と子どもたちのジャンケン大会が行われ、ギュージンガー・ブラックのフィギュアやクリアファイルがジャンケンで勝った子供たちにプレゼントされました。子供達は大喜びでした。
 また、「バケツ苗の育て方」教室では、JA北さつまの方の実演をまじえた丁寧な説明に、子供達は真剣なまなざしで聴き入っていました。また、意見交換会では「今日の田植えでどれくらいお米がとれるのか?」「お米の虫はどうやってやっつけるのか?」等、多くの質問がされ、稲作振興会の丸田会長にひとつひとつわかりやすく答えていただきました。
 参加のみなさんから、「田植えの体験ができてとてもうれしかった」「地元の方と交流ができてよかった」「日頃できない体験ができて楽しかった」などうれしい感想をたくさんいただきました。
 次回「稲刈り」は、10月26日(土)の予定です。

 問い合わせ先  おいどん市場与次郎館 099-253-3153