食べた人を幸せにする、
鹿児島黒牛

世の中にはおいしいだけではな
く、食べた瞬間に「幸せ」と思
えるほどの食材があります。そ
のひとつが鹿児島黒牛かもしれ
ません。二〇一七年、五年に一
度開催される全国和牛能力共進
会で日本一に輝いた、鹿児島が
世界に誇る高級肉。そんな鹿児
島黒牛のおいしい食べ方や肥育
のこだわりに迫ります。

世の中にはおいしいだけではなく、食べた瞬間に「幸せ」と思えるほどの食材があります。そのひとつが鹿児島黒牛かもしれません。二〇一七年、五年に一度開催される全国和牛能力共進会で日本一に輝いた、鹿児島が世界に誇る高級肉。そんな鹿児島黒牛のおいしい食べ方や肥育のこだわりに迫ります。

日本一の和牛が目の前にあったら、どん
なメニューで食べてみたいですか。ステ
ーキ、しゃぶしゃぶ、すきやき…。どれ
も絶品ですが、おいしくてさらに美しい
一品に出会いたかったら、「せいろ蒸し」で頂いてみてはいかがでしょう。
JA鹿児島県経済連直営のレストラン

「華蓮」では、鹿児島でも珍しい鹿児島
黒牛の「せいろ蒸し」を食べることがで
きます。せいろは二段構え。上段にはた
め息がでるほど艶やかで、サシが細かく
美しい鹿児島黒牛が並び、下段には彩り
豊かな季節の野菜が上品に並んでいます。

日本一の和牛が目の前にあったら、どんなメニューで食べてみたいですか。ステーキ、しゃぶしゃぶ、すきやき…。どれも絶品ですが、おいしくてさらに美しい一品に出会いたかったら、「せいろ蒸し」で頂いてみてはいかがでしょう。
JA鹿児島県経済連直営のレストラン「華蓮」では、鹿児島でも珍しい鹿児島黒牛の「せいろ蒸し」を食べることができます。せいろは二段構え。上段にはため息がでるほど艶やかで、サシが細かく美しい鹿児島黒牛が並び、下段には彩り豊かな季節の野菜が上品に並んでいます。

鹿児島黒牛を
おいしく美しく頂く

料理のプロも驚く、
鹿児島黒牛の魅力

せいろを蒸すこと約十五分。お肉の余分な脂が
野菜に落ちることで、お肉はよりやわらかくヘ
ルシーに、野菜は脂の旨味で甘くしんなりとな
ります。さっそく鹿児島黒牛から頂くと、まる
で粉雪のようにふわっと溶けてしまうような食
感と、お肉の甘みがジュワっと口の中で広がり
ます。日本一の和牛だからこそ味わえる贅沢な
瞬間です。
「いい肉は手で触った瞬間に分かります。鹿児
島黒牛は〝しっとりする〟という表現がぴった
りです」と話すのは、華蓮の山下料理長。日本
一になってからは、これまで以上に多くのお客
さまから注文が入るようになったそうです。
そんな鹿児島黒牛は、県内はもちろん県外、そ
して海外のお客さまにも人気。A5等級の鹿児
島黒牛のギフトも多くの方に喜ばれています。

「第11回全国和牛能力共進会 団体総合優勝」 鹿児島黒牛日本一 (銘柄:鹿児島黒牛 商標:鹿児島黒牛 GI:2017年取得)

「いい肉は手で触った瞬間に分かります。鹿児
島黒牛は〝しっとりする〟という表現がぴった
りです」と話すのは、華蓮の山下料理長。日本
一になってからは、これまで以上に多くのお客
さまから注文が入るようになったそうです。
そんな鹿児島黒牛は、県内はもちろん県外、そ
して海外のお客さまにも人気。A5等級の鹿児
島黒牛のギフトも多くの方に喜ばれています。

三六五日、
惜しみない愛情を
一頭ずつに注ぐ

食べた人を魅了する鹿児島黒牛。そのおい
しさの秘密は、子牛が生まれる前の繁殖か
ら始まっています。牛の体調に関してはA
Iで検知することが可能で、生産の向上に
もつながっています。母牛の栄養管理や掛
け合わせなどに徹底してこだわり、生まれ
た後もきちんと食べているか、季節の変わ
り目には風邪を引いていないかなど、一頭

ずつの健康管理を三六五日行っています。
「大切な命を頂いているのだから、ケガや
病気をさせず大事に育ててあげたい。そう
思いながら日々管理しています」。そう話
すのは、JA鹿児島県経済連 肉用牛事業
部の下永吉次長。肥育農家はまるで我が子
に接するように、今日も一頭ずつ惜しみな
い愛情を注いでいます。

食べた人を魅了する鹿児島黒牛。そのおいしさの秘密は、子牛が生まれる前の繁殖から始まっています。牛の体調に関してはAIで検知することが可能で、生産の向上にもつながっています。母牛の栄養管理や掛け合わせなどに徹底してこだわり、生まれた後もきちんと食べているか、季節の変わり目には風邪を引いていないかなど、一頭ずつの健康管理を三六五日行っています。「大切な命を頂いているのだから、ケガや病気をさせず大事に育ててあげたい。そう思いながら日々管理しています」。そう話すのは、JA鹿児島県経済連 肉用牛事業部の下永吉次長。肥育農家はまるで我が子に接するように、今日も一頭ずつ惜しみない愛情を注いでいます。

肉質も生産量も日本一!
県外や海外からも高い支持

南国の豊かな自然の中、たっぷりの愛情と手間暇かけて育て
る鹿児島黒牛。見事和牛日本一に輝き、その質はすでにお墨
付きですが、実は鹿児島県は和牛生産量も日本一。上質な和
牛を安定的に供給できるため、全国の小売業者や飲食店から
高く支持されています。
さらに「KAGOSHIMA WAGYU」としてアメリカや
香港、台湾など、海外からも需要が高く、今後ますます世界
中で愛される鹿児島黒牛として期待が寄せられています。

すでに
始まっている
二連覇への夢

前回の全国和牛能力共進会で頂
点を極めた鹿児島黒牛。次回二
〇二二年は、奇しくも地元鹿児
島での開催です。前回大会の結
果を分析し、団体優勝連覇に向
けた取り組みは、すでに始まっ
ています。
鹿児島黒牛の魅力は、繁殖から
肥育、調理など、各分野のスペ
シャリストたちの愛と技で育ま
れるもの。南国鹿児島から届け
る食の幸せを、どうぞ受け取っ
てください。